| HOME | プロフィール | 教会の歩み | 礼拝案内 | 牧師館 | 結婚式 | その他の活動 | インフォメーション |

DH000025

389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分51-37 TEL・FAX 0267-46-3312 郵便振替 00500-7-32001

軽井沢追分教会での結婚式のご案内

当教会では信者以外の方々でも結婚式の申し込みをお受けしています。とは言え無条件で受入れているのではありません。本来は自分の信じている神の前で誓約をしてこそ意味のあることですから、キリスト教に関してのガイダンスを受けていただき、一定のご理解を得てからお受けすることにしています。

SANY0086 SANY0104 SANY0132 SANY0134
SANY0101

◆ 挙式までの流れ ◆

◆ ガイダンスの内容 ◆

<キリスト教会での結婚式の意義>

  1. 唯一なる天地創造の主なる神の前で、神の御心を尋ね、結婚の意志を確認し誓約をする礼拝としての儀式ですから、礼拝者としての姿勢について学びます。
     
  2. 礼拝とは、まず神のみ言葉に聴き応答する行為です。すなわち聖書のみ言葉立った誓約をすることが求められています。そのために聖書の教え(人間観、夫婦観、愛)について学びます。
     
  3. 礼拝における神の祝福がかけがえのないことを知っていただきます。聖書の神は、私たちを映し出す鏡のようなものです。神を知れば知るほど、私たちひとり一人自分自身を知ることにつながっています。自分たちの結婚の決意が確固たるものであるかどうかを確かめる場であることを知っていただきます。
     
  4. キリストの「教会」は、単なる組織や教義、規則、もちろん建物などではありません。聖書の原語である、古いギリシャ語で「エクレシア」といって、同じ神によって呼び集められた者の群れのことを意味しています。未信者の方々であっても、このエクレシアに私たちが信じる同じ神が招いてくださったと信じる群れなのです。ですから私たちは、その方々も神の家族として、兄弟姉妹として喜びをもって受け入れ、共に神の祝福を祈りもとめるということを知っていただきます。
     
  5. 教会は神と社会の前で、結婚するお二人の保証人として集められています。結婚はきわめて社会的営みです。夫婦が社会の最小単位であるからです。ですから、教会と参列者の方々は、二人の結婚の保証人としての務めを果たすことを決意していただく場でもあります。結婚する二人も同時に社会に対する証人としての務めを果たすことを決意していただきます。教会はあくまでも結婚するお二人の生涯にわたっての幸せのために仕えさせていただくものだということを学びます。

♥ 教会訪問・礼拝堂見学

挙式の希望日を決めた上で、前もってご連絡下さい。教会内をご案内し、ご説明いたします。

1

♥ 牧師との面談・ガイダンス

キリスト教や教会での結婚について、牧師のガイダンスを受けていただきます。(1時間30分程度)

2

♥ お申し込み

ガイダンスを受けた上で、お二人で相談し正式な申し込みをしていただきます。(挙式希望日の最低3ヶ月以前)

3

♥ 礼拝出席

挙式までの期間、その意義をより一層理解するため、日曜礼拝の出席に心がけて下さい。(他の教会でも可)

4

♥ リハーサル

挙式日の1週間程度前に式の練習をしていただきます。

5

♥ 挙式当日

挙式予定時間に間に合うように、参席者も含め時間に余裕を持って教会にお出で下さい。

6

*費用について

当教会での結婚式では一般の結婚式場とは異なり、定められた料金というものはありませんが、司式する牧師や奏楽奉仕者への謝礼、教会への献金、その他、お花や式次第などの印刷物の実費をご用意いただきます。詳しくは牧師との面談時にご相談下さい。